めざせ未来の夢体験!

今回の体験は・・・・

9月18日日曜日、サンクチュアリNPOの協力を得て、うみがめの放流を中田島砂丘で行いました。

今回の対象者は市内に住む小学1年生から6年生40名のお友達が参加をしてくれました。

班ごとにバスに乗り青少年の家を出発!

約45分かけて中田島砂丘に到着。

まずはサンクチュアリの活動やうみがめの事、放流についての説明を聞きました。

砂丘を車で入ったり、私たちが日常生活で出しているゴミがうみがめに影響を与えているんだということ。

とくにビニール袋。うみがめはクラゲとビニール袋を間違えて食べてしまい、

吐き出せず栄養不良で弱ってしまうようです。

 

うみがめの放流をする前に今回は一人一袋運動にも参加をしました。

麻袋に砂と種ををつめ草を根付かせその上に砂がたまりその上に草が生え、を繰り返すことにより砂丘を守る。私たちにも何かできることは・・・・ということで

みんなで協力をして一生懸命麻袋に砂を詰めました。

 

 

そしていよいようみがめの放流!

うみがめを手にして子供たちは興奮!

すっごく小さくてかわいくて、でもよくみるとちっちゃな爪が生えていました。

おもちゃみたいに手と足をバタバタばたつかせて一斉に海に向かっていきました。

みんな

「がんばれ!がんばれ!」と言って海に入っていくうみがめたちに大きな声をかけていました。

一生懸命大きな波に向かって行く姿に感動していたようです。

また来年も参加したい!という声が。

 

次回の「めざせ未来の夢体験」は消防について学ぶ予定です。

おたのしみに・・・・。