浜松街中再発見!

10月14日(日)に開催されました。

今年の「浜松街中再発見!」はテレビ発祥の地を訪ねて・・・がテーマ!

10時前に青少年の家を出発!

まずは静岡大学工学部にある「高柳記念未来技術創造館」に立ち寄りました。

テレビジョンの父と称される高柳健次郎氏は世界ではじめて電子式テレビジョンの実験に成功!

当時、開発研究に携わったのが元静岡大学工学部で、その偉業を偲びテレビ発祥の地を記念するために高柳記念未来技術創造館は設立され、現在は「ものづくり」や科学技術への関心を高めるため市民や小中高生の見学場所として開放されています。

静岡大学をあとにしてまだまだ進みます。中区広沢1丁目にある西部公民館へ。

見えてきたのは記念碑。

静岡大学工学部の前身である「浜松高等工業学校」の所在地が現在の西部公民館にありました。公民館の前にはテレビ発祥の地の記念碑がたっています。

さてさてお昼は、冒険広場にて「青少年の家昭和弁当」をいただきました。

 

お腹がいっぱいになったところで、最後のポイントへ向いました!

浜松には高柳健次郎氏の功績に対してたてられている記念碑がまだあるんです。

中区下池川町にある「NHK 浜松支局」。

初めてブラウン管に映し出されたのは「イ」の字が記念碑として建てられています。

 

浜松の街にはまだまだ発見するところがたくさん!

生まれ育った私たちの街をもっともっと知って浜松の良さを

たくさんの人に紹介できたらと思います。

来年度の「浜松街中再発見!」もお楽しみに!