チャレンジウォーキング

新事業!

新規事業「チャレンジウォーキング」が始まりました。
初回となるメンバーは、とっても元気で好奇心旺盛な6名。

まず始めに行ったのは、レクリエーション。
今日初めて会ったばかりのお友達と自己紹介ゲームや簡単なゲームをして緊張している心を和らげていきます。
次は、クラフト。もうすぐお正月ということで、門松作りをしました。
まずは、門松について学習の時間。
「門松ってどんなもの?」「どんな意味があるの?」など、子ども達は、興味津々!
しっかりと学んだところで、門松作りスタート!
青少年の家の門松作りは、森へ材料を取りに行くところから始まります。
門松に必要なのは、真竹、雄松、雌松、梅の木、南天・・・等々。
子ども達の中には、初めて見る材料も。材料が集まったら、次は竹をちょうど良いサイズにノコギリを
使って切っていきます。竹は大きくて、固くて切るのに一苦労。
切れた竹に土や葉牡丹など、材料を飾って ~ 完成!!
材料は同じなのにできた門松は、みんな違ってとっても素敵☆
2日目は、朝3:45に起床。
子ども達は、朝から元気いっぱい!ラジオ体操をしていざ!アクトへ!
外はまだ真っ暗。
約5キロの道のりを懐中電灯で照らしながら歩いていきます。
普段通っている道でも暗いと全く違った景色。
「寒い・・・寒い・・・」と言いながらも1歩1歩前に進む子ども達の姿が印象的です。
やっとの思いでアクトタワーに到着!ですが・・・ここからが本番!
非常階段を使って頂上のヘリポートまで登ります。
千段を超える階段ですが、15分ほどで・・・。
子どものフットワークは図り知れません。すごいものです。
頂上までつくと360度の眺望、徐々に明るくなり遠くにみえるのは、富士山!
そして、ご来光です。
とても神秘的な瞬間で、子ども達の中には「感動した」という子も。
「みんな良く頑張りました」と所長さん。全員で「バンザイ!!」素晴らしい日の出でした。
ご来光を見た後は、アクトタワーの制振装置を見学しました。普段は入れないところなのでみんな興味津々。
その後は青少年の家に戻り、みんなでおもちつきをして、美味しくおもちを食べました。
今回の体験は、とっても貴重で内容の濃い活動となりました。
来年度も是非一緒にチャレンジしましょう。