デイリーキャンプ

楽しく活動できました。

 ハンディキャップを持つ子どもと家族のふれあい。4家族12名が参加し、冬の自然を感じながら、ゆったりしたひとときを過ごしました。

 交流ゲームで、家族間の交流を深めました。

 最初の活動は、カレーと焼き芋作りです。どの子も自分の持っている力でクッキング・火お越し・焼き芋作りに挑戦しました。家族はできるだけ見守っています。子どもなりの能力を信頼し、自立に向けて体験を豊かにさせてあげたい気持ちが伝わってきます。

みんなの頑張りで、カレーと焼き芋は美味しく出来上がりました。他の家族との話も弾み、笑顔がこぼれました。冬の外気は冷たいけど心は温まります。

 午後は「エコな凧作り」です。時間をかけて、ビニールとストローを組み合わせて凧を作りました。可愛い絵も描きました。

 風は弱かったけど、親子で手をつないで、あるいは一人で風上に向かって走れ走れ!

やっとの思いで凧が揚がると、周りからは大歓声!

 

心温まる実り多き事業となりました。