「レッツゴー!住吉探検隊」が終了しました

10月14日(土)~15日(日)で開催しました、主催事業「レッツゴー!住吉探検隊」が終了しました!

今回は浜松市内の小学1、2年生36名が1泊2日の日程活動を行ないました!

2日間とも天候には恵まれず、雨の中での活動となりましたが、参加した子どもたちは元気に活動している様子でした!

1日目は、宿泊体験が初めてな子どもたちも多く、緊張と不安の影響かどこか大人しい様子でした。

レクリエーションの活動を通して、徐々に緊張がほぐれた様子が見られ、徐々に元気な姿が見られるようになりました!

レクリエーションの後は、班会議を行ないました。

班会議では、班のメンバーの役割(係り)を決めました!

「班長」「保険係」「活動係」「食事係」の4つの役割を班で話し合って役割分担を決めました!話し合いも班のメンバーでしっかりと行なっている様子でした!

自分の役割を確認し、係の仕事を2日間頑張りましょう!

その後は夕食作りです。

この日の夕食は餃子です!餃子の具をこねて、皮で包み、焼く作業をみんなで行ないました!

全部で約700個の餃子を各班に分かれて作りました!

もちろん、完成した餃子はみんなで食べました!

普段と違った環境で、またみんなと食べる餃子はいつもと違った美味しさがあったようでした。

夕食後は、翌日行なう野外炊飯の事前学習をし、お風呂に入り、布団の準備などをして1日目が終了しました!

2日目は朝のつどいからスタートです!

なかなか眠れなかったのか、少し眠たそうな表情で子どもたちは集まりました!

朝のつどいでは、ラジオ体操やスピーチを行ないました!

朝のつどいの後は、ピロティーへ移動し、朝食の牛乳パックを使ったホットドックを作りました!

手順に従って、朝ごはんを食べるために一生懸命作りました!

できたホットドックをみんなおいしそうに食べていました!

2日目の午前中の活動は雨のためホールでノコギリを使って木を切る体験を行ないました!

太い木から細い木まで、様々な太さの木から子ども達が個々で切りたい木を選びました!

初めてノコギリを使う子ども達もおり、少し苦戦している様子でしたが、みんなで協力し、一生懸命木を切っていました!

切った木は、記念に持って帰りました!

その後は最後の活動、野外炊飯です!

前日の夜に学習した内容を思い出しながら、各班で役割分担をし、みんなで協力してカレーを作りました!

どの班も班でしっかりと協力できていたため、調理工程もとてもスムーズに進み、予定よりも早く完成しました!

もちろん、おいしく食べました!

その後は片づけ、振り返りをして、最後に閉講式をして、1泊2日の活動が全て終了しました!

2日間を通して、みんな色々な事にチャレンジできたのではないでしょうか。その中でも、どの活動もみんなで力を合わせて仲良く活動していた様子が見ることができました。活動をするだけではなく、準備や片づけまで積極的に行っていまいた!

2日間で学んだこと、感じたことを大切にしてください!