「住吉クッキングー・昔のおやつ」が終了しました

主催事業「住吉クッキングー・昔のおやつ」が終了しました!

浜松市内の小学1~3年生14名が参加しました!

今回は「遠州焼き」をみんなで作って食べました!

はじめに「遠州焼き」とは、浜松市を中心に食べられているお好み焼きです。

具材はたくあん、紅しょうが、ネギを使いますが、現在では、お好み焼きとして食べられることが多くなっています。

その中で、昔は駄菓子屋さんで販売されており、子どもたちのおやつとして食べられていました。

そんな「遠州焼き」ですが、参加した子どもたち全員が食べなたことなかった様子でした!

活動では、作り方だけでなく、由来や歴史などについても学びながら、調理体験を行いました!

出来上がった「遠州焼き」はみんなで試食しました!

みんな初めて食べる昔のおやつ「遠州焼き」はとてもおいしそうに食べていました。

「もっと食べたい!」という声もありました!

調理体験を通して、浜松の昔の風習などを知ることができ、とても楽しい時間を過ごすことが出来た様子でした!