浜松街中再発見

主催事業「浜松街中再発見」が行われました。

 

はじめは開講式からスタートです。

今回はいつもと違い外での開講式です。いい天気で良かったです。

 

これからみんなで歩いていろいろなところを見学します。

 

 

まずは、上下水道部の見学です。

職員さんの話を聞きながら、施設の設備や歴史を学びました。

 

ここにはヒマラヤスギという木があり、バラの花のような形をしたまつぼっくりが拾えます。

ほしい人は記念にもって帰りました。(写真がなくてごめんなさい)

 

次は浜松球場の見学をしました。

ここでは大学の野球の試合が行われていました。

スタンド席に入らせてもらい、そこで試合を見ながら、昼食を食べました。

今日の昼食は青少年の家の特製で、竹のお弁当箱に入っていました。

作ってくれた、ボランティアさんや所員さんに感謝です。

 

 

ご飯を食べたら、次は四つ池公園へ行きました。

ここでは、担当の所員から、四つ池公園の成り立ちや歴史について学びました。

 

 

この後、青少年の家までの帰り道で、住吉周辺の歴史などを学びました。

 

到着したら、閉講式をして今回の活動は終了です。

 

沢山歩いて疲れたと思うので、ゆっくり休んで明日に備えてください。